1歳児の食べ物にしつけはどこまでしたらいいのか

次女とのランチタイムの時間。
離乳食終焉期も終わり、ほとんど大人とおんなじ企画を食べれるようになりました。長年は酷いものの、ある程度の時間なら椅子に座って食事を食べれるともなりました。今はスプーンとフォークの躾をしたり、コップの躾をしたり。まだ言いつけなければならないことはたくさんあります。
そこで近頃苦しむのが、ランチタイムの時間のしつけだ。
近頃、少しずつ成否なのか、私情なのか、食べたくない!と意思ディスクロージャーをするようになりました。
両親として成否はしてほしくないですし、栄養分も考えて作っているので許したくはありません。
我々がひねくれると次女は泣きます。口入れたものを出し、泣いて、また怒って、の繰り返しだ。
毎日3回のランチタイム。毎度こういう繰り返しをすると私もスタミナチャレンジにつながる。
しつけとして怒っているつもりではありますが、ちょいちょいこれでとっても良いのかと苦しむことがあります。
1年代の間からこういうやり方で本当に正しいのか。ランチタイム=明るい。が次女にとってそれほど捉えられているのか。紆余曲折の毎日がこれからも続きそうです。