解放されたあとの4人の復路、S・K、自社で爆睡す

「N・Tの母って、こんな感触だったっけ?」
「鬱陶しいだろ?兄貴が結婚してから余計に拍車が掛かった感触だよ。しかしだいたいS・Kを弾劾してたクソおやじ両人には反吐が出るぜ」
「あぁ、アレにはやっぱしの己もカチンと来ましたよ。それにしても御子息くん、男前でしたね」
 健二の言う所の御子息くんとは恐らくはN・Hを指しているのだろう。
「顔つきだけじゃなくて、オリジナルも良かったよね。あからさまって感じで」
「天は二物を加えずって可愛くいうけど、あれれ噂かもな」
 車内で四ヒトは周囲も憚達ずに言葉を弾ませていた。こんなにもヒトと話したのは、いつ以来だろうか。
「己が通ってた学校、ヤンキーばっかだったんすよ。のち表面も知らせる気とか、ちっともないみたいで。だから今日のミーティングは、しまりがあってスゴイアツかったっすよ。ちゃんとした協議になってたし」
 S・Kはそんな感じで身の上内容を交えながら概要会のイメージを述べたのも心持ち、当の本人はイヤホーンを耳にあてがい、いびきをかき始めた。http://www.sandlerltd.co/kireimo-yoyaku.html